院長挨拶

院長挨拶

皮膚科専門医として最適な治療を提供いたします

院長

私は医学部卒業後、大学病院、市中病院で皮膚科医として勤務してまいりました。
これまでの勤務で得た多くの知識、診療の経験を基に、皮膚科医、皮膚外科医として最適な治療を提供いたします。またさらに研鑽を積み、地域の方によりよい医療を提案し、社会貢献できるよう日々努力を続けていきます。
患者様に「相談してよかった」と信頼していただけるクリニックになるよう、医師、スタッフ共に精進してまいります。
お気軽にご来院、ご相談ください。

はむら線路沿い皮ふ科 院長
坂ノ上正直
(さかのうえ まさなお)

経歴

2007年 東海大学医学部医学科 卒業
2007年 鹿児島大学病院 研修医
2013年 鹿児島県立大島病院 皮膚科 部長
2015年 鹿児島大学病院 皮膚科 医員
2019年 東京中央美容外科 浜松院 京都院 梅田茶屋町院 院長歴任
2022年 はむら線路沿い皮ふ科 院長

資格

医学博士

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

日本医師会認定産業医 資格

業績

受賞歴
2014年 日本アフェレシス学会 井上学術奨励賞  受賞
2018年 Janssen Psoriasis Award 臨床研究賞 銀賞 受賞
研究実績
2013年 Granulocyte and monocyte adsorption apheresis for refractory skin diseases due to activated neutrophils, psoriasis, and associated arthropathy.
Masanao Sakanoue, Koichiro Takeda, Kazuhiro Kawai, Takuro Kanekura. Ther Apher Dial Ther Apher Dial. 2013 Oct;17(5):477-83.
2017年 Inhibition of inflammatory cytokines and induction of myeloid-derived suppressor cells by the effects of granulocyte and monocyte adsorption apheresis.
Masanao Sakanoue, Yuko Higashi, Takuro Kanekura. Ther Apher Dial. 2017 Dec;21(6):628-634.
2011年 Henoch-Schönlein purpura with epididymitis in an adult. J Dermatol. 2011 Jun;38(6):620-2.
Sakanoue M, Higashi Y, Kawai K Sugita S, Kanekura T.
2012年 Bullous pemphigoid with type 1 diabates mellitus esponsive to mycophenolate mofetil. J Dermatol. 2012 Oct;39(10):884-5.
Sakanoue M, Kawai K, Kanekura T.
2013年 Microcystic adnexal carcinoma (MAC) arising in a nevus sebaceous (NS). Indian J Dermatol. 2013 May-Jun; 58(3): 247.
Sakanoue M, Matsushita S, Kawai K, Kanekura T.
2013年 Nevus lipomatosus cutaneous superficialis (NLCS) associated with trichofolliculoma on the lower leg. Indian J Dermatol. 2013 Jul-Aug; 58(4): 33.
Sakanoue M, Kawai K, Kanekura T.
2014年 A case of Kimura's disease presenting as giant suspensory tumor. Indian J Dermatol. 2014 Jan;59(1):105.
Sakanoue M, Kawai K, Kanekura T.
2015年 Skin eruption elicited by magnesium oxide (Maglax® ). J Dermatol. 2015 Nov 21.
Sakanoue M, Sanada J, Kanekura T.
2010年 Striate palmoplantar keratoderma. (Kawai K, Fukushige T, Sakanoue M, Kanekura T. J Dermatol. 2010 Sep;37(9):854-6.)
2012年 Granulocyte and monocyte adsorption apheresis as an effective treatment for Reiter disease. (Yoshifuku A1, Oyama K, Ibusuki A, Kawasaki M, Sakanoue M, Matsushita S, Kawai K, Kawahara K, Maruyama I, Kanekura T. Clin Exp Dermatol. 2012 Apr;37(3):241-4.)
2013年 A case of anaphylaxis caused by polyethylene glycol analogues. (Yamasuji Y, Higashi Y, Sakanoue M, Katsue H, Kawai K, Arai N, Kanekura T. Contact Dermatitis. 2013 Sep;69(3):183-5.)
2013年 Case of giant sclerosing epithelioid fibrosarcoma with ossification. (Katsue H, Matsushita S, Sakanoue M, Kawai K, Kanekura T. J Dermatol. 2013 Aug;40(8):667-8.)
2014年 Allergic reaction caused by acesulfame potassium in foods. (Katsue H, Higashi Y, Baba N, Aoki M, Sakanoue M, Matsushita S, Kanekura T. Contact Dermatitis. 2014 Oct;71(4):251-2.)